マイクロニードルパッチ!貼るヒアルロン酸の効果とは?

マイクロニードルパッチ

 

マイクロニードルパッチとは、溶解するヒアルロン酸の針が無数に敷き詰められた美容シートパックです。

 

「貼るヒアルロン酸」とも言われ、目元のシワやほうれい線にピタッと貼るだけで、肌の内部にヒアルロン酸を直接注入できます。

 

もともとは経皮吸収製剤の一つとして医療用に使われていた技術ですが、美容アイテムに応用されたことで、まるで美容整形のヒアルロン酸注射をしたかのような「ふっくら感」が実感できると人気です!

 

当サイトは、マイクロニードルパッチのヘビーユーザーである管理人が、詳しい商品知識からおすすめアイテムまで、マイクロパッチについて幅広くご紹介するサイトです。

 

貼るヒアルロン酸の効果


マイクロニードルパッチには溶解型ニードルと呼ばれる細さ約0.02ミリ、長さ0.2ミリの微細な針が、薄いフィルム状のパッチに750〜1000本配置されています。

 

肌の体温や水分によって、針の先端から有効成分が溶け出し、使用後約10〜15分でヒアルロン酸が肌の内部に浸透。

 

針先が真皮に直接到達するわけではありませんが、角質層の奥にヒアルロン酸を届けることで、そこから数時間かけて深く浸透し、うるおいやハリをもたらします。

 

 

クリームやシートパックなどで「ヒアルロン酸配合」と書かれているものはたくさんありますが、ヒアルロン酸はもともと分子量が大きい美容成分。高分子のままのヒアルロン酸は肌へのなじみが悪く、浸透しにくいという特徴があります。

 

その点、マイクロニードルパッチなら、ヒアルロン酸を肌の内部にダイレクトに送り込むので、今までにないふっくら感を期待できるというわけです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌にもともとある成分を針状に固めた物なので、肌に刺しても副作用などのリスクは低く安心です。

 

マイクロニードルパッチを貼れる場所

目元の小じわ・笑いジワ

目元の小じわに貼るパッチ

目頭の小じわ(ちりめんジワ)や、目尻の笑いジワに貼ります。
30代になって目元のシワがすごく気になり始めたので、マイクロニードルパッチは非常に助かっています。目元の皮膚は顔の中でも特に薄くて繊細だけど、薄いからこそヒアルロン酸の効果がしっかり感じられます。

 

ほうれい線

ほうれい線に貼るパッチ

マイクロニードルパッチは浅くカーブした楕円形をしているので、そのカーブを利用してほうれい線に貼ることができます。
頬のたるみが原因のほうれい線は、メイクでは隠しきれない場所。貼るヒアルロン酸で継続的にハリをアップさせましょう。

 

額の横じわ・眉間

額に貼るパッチ

おでこのシワに貼るときは、眉間の上あたりの横ジワが一番深くなる場所に貼ります。おでこのシワは眉毛を上げる表情筋の癖が原因なので、パッチを貼ることでシワ予防テープの役割も果たしてくれます。

 

針のパックだけど貼ったときの痛みはない

「針」と聞くと、貼ったときに痛みが伴うのでは?と不安になる方もいるかと思いますが、痛みはほとんどありません。

 

針と言っても、0.2ミリの長さしかなく、目を凝らしてやっと見えるか見えないかくらいの非常に細かい針です。貼った瞬間に軽くチクチクする程度の刺激しか感じません。

 

私の場合、貼る瞬間も貼った後も痛みを感じないで使えています。
 

買う前にチェック!マイクロニードルパッチ3つの選び方

マイクロパッチの上手な選び方
ここからは、数あるマイクロニードルパッチの中から、どのパッチを買うか・・・と悩んだとき【絶対にチェックしておきたい3項目】をご紹介していきます。

 

マイクロパッチの生命線とも言える重要なポイントばかりなので、商品選びの際にぜひお役立てください!

 

ニードルの長さ0.2ミリ

長さどのくらい

マイクロパッチにとってニードルの長さ(針の長さ)は、一番重要なポイント。美容成分が届く深さが変わってきます。

 

各商品で比較すると、0.035〜0.25ミリまでの幅があります。効果や安全面を考えると長さ0.2ミリ程度の製品が理想的です。

ニードルの本数が750本以上

本数どのくらい

1枚のパッチに何本のニードルが配置されているかというのも重要なポイント。

 

本数が明記されていない商品もありますが、750本〜1000本の高密度配置の商品がおすすめです。

ヒアルロン酸以外にも美容成分たっぷり

美容液

ほとんどのパッチはニードルがヒアルロン酸のみで作られていますが、中にはヒアルロン酸の働きを助ける「コラーゲン」や「ビタミンC誘導体」が配合されているものがあります。

 

肌のハリをアップさせるには、美容成分が複合的に配合されているパッチがおすすめです。

 

マイクロニードルパッチおすすめ3選!

ここまで、マイクロニードルパッチの効果や選び方についてご紹介してきました。

 

最近はたくさんのマイクロパッチが商品化されていますが、3つのポイントをすべて網羅した商品は、実はほんの一握り。

 

ここからは当サイトで最もおすすめできるマイクロニードルパッチをご紹介します。

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチ

  • 価格:2枚入り×4セット 4,422円(税抜)

    ※定期基本コース 3,759円(税抜)〜

  • ニードル長さ:0.2ミリ
  • ニードル本数:750本
  • 成分:ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタ、EGF、FGFコエンザイムQ10

※厚労省指定「抗シワ試験」に合格した凄いパッチ!
上記で紹介した3条件をすべて満たしたマイクロニードルパッチがこちら。ヒアルロン酸だけでなく、シワに効果的なコラーゲンやプラセンタ、コエンザイムQ10が配合されている究極のパッチ♪
国産製品なのに、1セットあたりのお値段が他と比べてほぼ半額なのも凄い。最近の人気度では一番かも。

 

 

 

 

ダーマフィラー

ダーマフィラー

  • 価格:2枚入り×4セット 7,560円(税込)

    ※定期コース 1ヶ月基本ケアセット 6,048円(税込)〜

  • ニードル長さ:0.2ミリ
  • ニードル本数:750本
  • 成分:ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、エクトイン、ビタミンC誘導体、アデノシン

ヒアルロン酸のマイクロニードルを初めて開発した老舗の有名ブランド『ダーマフィラー』。【長さ×本数×美容成分たっぷり】という3つの要素もしっかりおさえた、安心のマイクロニードルパッチだから自信を持っておすすめできます。

 

 

 

 

フィルナチュラント IC.U HAマイクロパッチ

IC.U HAマイクロパッチ

  • 価格:2枚入り×1セット 1,800円(税抜)

    ※定期便 1ヶ月セット5,400円(税抜)

  • ニードル長さ:0.2ミリ
  • ニードル本数:1300本
  • 成分:ヒアルロン酸Na

ニードルの本数が1300本とズバ抜けて多いのが『IC.U HAマイクロパッチ』。コーセーが手掛けるドクターズコスメ「フィルナチュラント」の製品です。ニードルの密度が高くておすすめなのですが、配合されている成分がヒアルロン酸だけなので惜しくも3位に。

 

 

シミやニキビ専用のマイクロニードルパッチもある!

ヒアルロン酸だけでなく美白成分を配合したシミ用パッチや、抗菌成分を配合したニキビ専用パッチもあります。

 

ほとんどのマイクロニードルパッチはシワに貼りやすいような湾曲した楕円形をしていますが、シミやニキビに貼るタイプは丸くて小さいスポット型のパッチになっています。

 

シミ専用マイクロパッチ「桜美白」

  • 価格:8枚入り 8,000円(税抜)

    ※定期コース 7,200円(税抜)

  • 成分:ビタミンC誘導体、プラセンタ(馬由来)、レチノール、White377、シリカ、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naなど

2種類のビタミンC誘導体やホワイト377などの美白成分を配合したマイクロニードルパッチ。シミに直接貼ることで、メラニン抑制と保湿のケアが両方できる優れものです。目立つシミをなんとかしたい!という方におすすめ。

→詳しい記事はこちら

 

ニキビ専用マイクロパッチ「アクロパス エイシーケア」

  • 価格:9枚入り 2,500円(税抜)
  • 成分:加水分解ヒアルロン酸、ナイアシンアミド、オリゴペプチド-76、水酸化Na

ニキビのもとになるアクネ菌を抑える「ナイアシンアミド」が配合されたマイクロパッチ。詰まった毛穴に抗菌成分と保湿成分を直接届けてくれます。パッチを貼っておくことで、無意識にニキビを触って悪化させるのを上手にカバーする効果も。

→詳しい記事はこちら

 

 

マイクロニードルパッチの正しい使い方とは?

マイクロパッチの効果的な使い方は?

 

ここからは、マイクロニードルパッチの「正しい使い方」をご紹介していきます!

 

使い方を間違えてしまうと、途中でパッチが剥がれてしまったり、肌への差し込みが不十分になるなど、効果を実感できなくなってしまいます。

 

使用前には必ず、正しい使い方を充分に理解してからトライしましょう!

 

マイクロパッチの使い方手順

基本的にパッチは貼ったまま5〜6時間そのままにします。そのため、使用するのは夜のスキンケアのときがおすすめです。

 

水に濡れるとニードル部分が溶け始めてしまうので、濡れた手で扱うのは絶対にやめましょう。

 

洗顔後、化粧水や美容液で肌を整える

マイクロパッチを貼る前のスキンケアとして、油分の少ない化粧水や美容液で肌に潤いをしっかり閉じ込めます。

ニードルは肌内部にある水分によって溶け出すので、化粧水などで保湿をしておくことが効果を高めるポイントです。

油分が多い保湿クリームやアイクリームを塗ってしまうと、マイクロパッチが剥がれやすくなってしまいます。パッチを貼る部分には塗らない方が良いです。

 

シワが気になる部分に貼る

乾いた手で透明フィルムから剥がし、ケアしたい部分に貼ります。

 

パッチを貼ったら、上から軽く押さえて、肌に密着させます。
このとき、チクチクする感覚がありますが、しっかり密着した証拠なのでそのままじっくり我慢。ニードルの先端部分が溶け始めてくれれば、チクチク感もおさまります。

 

必ず、一発で貼ってください。貼り直しはできません!

マイクロパッチは粘膜に貼るのは禁忌です!目の下に貼る場合は、目の際から3〜5mm離して貼ります。

 

貼ったまま5〜6時間おく

肌に貼ったあとのマイクロパッチは、10〜15分で溶解が始まり、3〜4時間で成分がすべて溶けて浸透します。

蒸発や乾燥をふせぐアフターケアとして、パッチを貼った状態でそのまま5〜6時間おくことが重要です!

 

はがしたらいつものスキンケアを

パッチを貼っていた部分にヒアルロン酸が残っている場合がありますが、お水やぬるま湯できれいに落ちます。
いつも通り、朝のスキンケアをすればOKです。

目の下に貼ったパッチをはがす場合は、目頭側からはがすのがコツです。無理な引っ張りや痛みを最小限に抑えてはがすことができます。

 

効果の持続期間と使用頻度・保管方法は?

お肌に注入されたヒアルロン酸は一時的にとどまるけれど、残念ながら時間とともに分散してしまいます。

 

マイクロニードルによってヒアルロン酸が浸透するとされる角質層も、新陳代謝によってはがれやすい部分であり、1回の使用で感じる効果の持続期間は半日〜1日がピークだと感じます。

 

週に1回以上の頻度が理想

1回だけで効果が持続するものではないので、週に1回以上の頻度で継続使用するのがおすすめです。

 

短期間で効果を実感したい場合は、1週間に3回の集中ケアが推奨されています。

毎日の連続使用はNG!
短期間で集中ケアをする場合であっても、お肌のために1日は間隔を空けましょう。例えば週に3回使うなら「月曜・水曜・金曜」といったプランで使うと良いと思います。

 

マイクロパッチの保管方法は?

大抵のマイクロニードルパッチはプラスチックケースに2枚ずつ入れられ、パッケージに個包装されています。

 

ヒアルロン酸を固めたニードルは、水分や湿気に触れると溶解し始めてしまうんだとか。一度開封してしまったマイクロパッチは効果が弱まってしまう可能性があるので、保存しないですぐに使ってしまいましょう。

 

高温多湿になる場所での保管は避けて、使用する直前まで開封しないようにします。

 

もし、どうしても保存したい場合は、パッケージに乾燥剤を入れて切り口をセロハンテープでしっかり留めると良いですよ。

 

以前、1枚だけ余ってしまったのでこの方法で2日間だけ保存してみましたが、とりあえず問題なく使えました♪

 

マイクロニードルパッチに関するよくある質問

マイクロパッチ

 

ここからは、マイクロニードルパッチのヘビーユーザーである私が、よくある質問にリアルにお答えしていきます♪
(※痛みや感覚などの使用感は私の主観なので、個人差はあります)

 

よくある質問Q&A

マイクロパッチは貼ったときに痛くないの?

貼った瞬間と、パッチを肌に密着させるために上から押したときに、少しだけチクチクします。

 

ニードルはヒアルロン酸でできた針ですが、実際の長さは約0.2ミリほどしかありません。

 

目を凝らして見ると、やっと小さい突起が見える程度の長さなので、肌にブスリと刺さる感触もありません。

 

パッチを貼った後の数分間だけチクチクする感覚が続くこともありますが、時間が経てばほとんど何も感じなくなります。

 

マイクロパッチは1回で効果がある?効果が持続する期間は?

1回使っただけでも効果はあります。

 

よく使うのは目の下から目尻に沿った小ジワですが、私の場合、小さいシワであれば1回でふっくらして目立たなくなりました。

 

初めての1回目は、効果が持続する時間は1日くらいでしたが・・・。

 

ほうれい線やカラスの足跡と呼ばれる深い表情ジワに関しては、1回使っただけでは効果が薄いように思います。

 

特に深いシワには、隔日で1週間に3回くらい連続で使うと効果がでる感じです。

 

そのあとは週1回くらいのペースで継続しています。

 

マイクロパッチの副作用は?

マイクロニードルパッチは、ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌にもとからある成分ほぼ100%で作られているコスメなので、肌に注入しても副作用はないとされています。

 

個人差はあるとおもいますが、私が今まで使った経験では、赤くなったりかゆくなったり、その他の副作用が出たことはありません。

 

商品の販売サイトによると、ニードルの刺激で肌が赤くなる人もいるようです。

 

あとは、ニードル自体の副作用ではないですが、パッチに使われている絆創膏のテープ部分でかぶれたり、汗で蒸れて赤くなったりする場合もあるそうなので、肌が弱いと自覚されている方は注意されるとよいと思います。

→副作用について詳しい記事はこちら

 

マイクロパッチのお値段。相場はいくら?

マイクロパッチの1セットあたりの相場は、だいたい2,000円前後です。

 

価格設定が安いブランドの商品なら1,000円前後で買うことができます。私が知るなかで一番安いマイクロパッチは「ヒアロディープパッチ」です。

 

ちなみに高級コスメブランドから発売されたものだと、1セット4,500円というマイクロパッチもあるので驚きです^^

 

マイクロパッチは顔のどこに貼っても良いの?貼ってはいけない場所はある?

マイクロパッチは超微細な針なので、粘膜や眼球に触れないように注意する必要があります。

 

商品の使用方法を読むと、基本的には「下まぶた・目尻・口もと」でシワやたるみが気になる部分に貼るよう書かれています。

 

シワを改善したい部分がたくさんある場合は、複数枚を一度に貼っても問題ないようです。

 

マイクロパッチはどのくらいの時間貼り続けるの?

5〜6時間はそのまま貼り続けるのが理想です。

 

マイクロパッチは顔に貼っても目立たないように工夫されてます。
とはいえ、家族以外の人にマイクロパッチを貼っている姿を見られるのはかなり恥ずかしいです笑。

 

貼った後はあまり顔を動かしたくないので、寝る前に貼るのが良いと思います。

 

貼った直後はパッチに硬さがありますが、体温になじめば10分くらいで柔らかい感触になり、貼っていることを忘れるくらいなので睡眠の妨げにはなりません(私の場合)。

 

マイクロパッチを貼るとき化粧水や乳液との順番は?剥がれないコツはある?

私は、化粧水を肌にしっかり浸透させたあとにマイクロパッチを貼り、そのあとパッチ以外の部分に乳液やクリームを塗るようにしています。

 

マイクロパッチはしっかり肌に密着していないと意味が無いので、粘着性のあるテープ部分の取り扱いには注意が必要です。

 

油分の多い保湿クリームで肌がテカテカしていたり、化粧水や乳液の水分が肌にたっぷり残っていたりすると、すぐに剥がれてしまいます。

 

しかし、ヒアルロン酸がスムーズに溶解するためには、ある程度の肌水分も必要なので、化粧水で保湿しておくことは重要です。

 

お風呂上がりに化粧水を肌にしっかり浸透させて、水分が引いたところでマイクロパッチを貼るようにしています。

 

一度貼ったマイクロパッチは貼り直しできる?

マイクロパッチは貼り直しできません。

 

おそらく一度貼ってしまったマイクロパッチは、ニードルの先端部分がつぶれたり溶けたりしてしまって、肌に刺さらなくなると思います。

 

それ以前に、パッチの粘着性がとても薄れてしまう感じです。

 

以前、貼った位置が気に入らず仕方なく貼り直したときがありましたが、結局剥がれてしまいました。

 

貼り直しできないので、一発決めで貼るようにします。

 

マイクロパッチはどこの国で作られているの?国産品はある?

美容用に使われる溶解型マイクロニードルは日本の企業が開発して特許を取得している製品なので、日本製の商品が多い気がします。

 

韓国製と書かれた商品を目にすることもありますが、ニードルの本数や長さが明記されていない場合があるので、私はなるべく国産品を選ぶようにしています。

 

マイクロニードルパッチでシワを集中ケア!

目じりのしわ
今まで自宅でできるエイジングケアといえば、美容液やクリームなど肌の表面をケアするものばかりでした。

 

美容ドリンクやサプリでヒアルロン酸を摂取しても、胃酸や酵素で分解されてしまい、目尻や口元に必ず届くという確証はありません。

 

話題のマイクロニードルパッチなら、シワやたるみが気になる部分に美容成分をセルフで注入することができるので、目尻のシワやほうれい線など、「ここに効いて欲しい!」という場所に限定して集中的にケアすることができます。

 

5時間ほどかけてお肌の内部に浸透するため、就寝前にパックと同じ要領で貼って、あとは寝るだけ。

 

週1回ほどの頻度で継続して使えば、目尻のシワや目の下のくぼみが明らかにふっくらしてくるのがわかります。

 

見た目は剣山のようなパッチですが、貼った時の感覚はチクチクする程度で、痛みはありません。

 

マイクロニードルパッチ選びは慎重に!

美容成分でできた超極細針とはいえ、マイクロパッチは皮膚の内部に刺さる製品。

 

販売元のホームページや商品パッケージに、ニードルの長さや本数、配合成分などがしっかり明記されている国産製品の方が安心ですよね。

 

また、マイクロパッチを実際に使ってみると、はがれてしまった、上手く貼れなかったなど残念な結果になることも。

 

決して安い商品ではないので、貼ることに失敗しないためにも、パッチがはがれにくいように設計された商品を選びましょう!