ヒアルロン酸にプラス!コラーゲン配合のマイクロニードルパッチ

マイクロニードルパッチ

 

マイクロニードルパッチといえば、ヒアルロン酸だけを配合した商品が多いのが現状です。

 

でも、実際に肌のハリを作り上げているのは、肌の奥でスポンジのような構造を持っている「コラーゲン」

 

肌のコラーゲン

 

ヒアルロン酸は、コラーゲンの隙間を埋めているジェル状の成分であり、コラーゲンとヒアルロン酸が複合することではじめて肌のハリが保たれます。

 

せっかくマイクロニードルパッチを使って肌の奥へヒアルロン酸を注入するなら、コラーゲンも一緒に注入した方が、効果が上がりそうな気がしますよね?

 

でも実は、ヒアルロン酸にプラスしてコラーゲンを配合しているマイクロニードルパッチって、意外と少ないんです。

 

そこで、コラーゲン配合のおすすめマイクロニードルパッチを2つご紹介します!

 

コラーゲン配合のマイクロニードルパッチ2選

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチ
【主な配合成分】

  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解コラーゲン
  • プラセンタ
  • EGF
  • レチノール
  • コエンザイムQ10

ヒアロディープパッチの詳しい紹介記事はこちら≫

 

ダーマフィラー

ダーマフィラー
【主な配合成分】

  • ヒアルロン酸Na
  • 加水分解コラーゲン
  • エクトイン
  • ビタミンC誘導体
  • アデノシン

 

ダーマフィラーの詳しい紹介記事はこちら≫

 

加水分解コラーゲンとは・・・?

加水分解コラーゲンとは、コラーゲンが肌に浸透されやすいように、酵素の働きを利用して新たに加工された成分を言います。

 

コラーゲンはもともと分子量が大きく、肌に塗ってもなかなか浸透されない特徴がありました。そのため、最新の化粧品では、加水分解コラーゲンを配合している商品が多いんです。

 

コラーゲンを食べても、お肌のコラーゲンにはならない

 

「美肌にはコラーゲン」とも言われて、コラーゲンのサプリやドリンクが人気ですよね。

 

でも、いくらコラーゲンを経口摂取しても、それがそのまま皮膚のコラーゲンに到達するとは限らないんです。

 

実は、口から食べたコラーゲンは、体内で分解されてバラバラになり、胃腸の働きでアミノ酸に変わります。

 

アミノ酸となった栄養素は、ホルモンのコントロールによって、各器官の必要箇所に配分されてしまうので、必ずしも肌の栄養素になるとは言えないんです。

 

レチノールにはコラーゲンを増やす作用がある

マイクロニードルパッチに配合される成分の中で、コラーゲンと並んでもう一つ嬉しい美容成分が「レチノール」です。

 

レチノールには、真皮でコラーゲンを作り出してくれる線維芽細胞に働いて、コラーゲンを増やす作用があると言われています。

 

目元のシワ対策に使うアイクリームには、ほとんどの商品でレチノールが配合されているので、その実力はお墨付き。

 

もしあなたもマイクロニードルパッチを購入してみようとお考えなら、

 

  • ヒアルロン酸
  • 加水分解コラーゲン
  • レチノール

 

が配合された、「ヒアロディープパッチ」が特におすすめです。

 

人気ランキングへ