アクロパスアイケアゾーンの効果と口コミは?


アクロパスの「アイケアゾーン」は、雑誌「VERY」でも紹介された韓国製のマイクロニードルパッチです。

 

アクロパスシリーズには、アイケアゾーンを含む5種類のマイクロニードルパッチがあるので、目的に合わせて選べるメリットがあります。

 

目元専用に作られたアイケアゾーンから、小さいサイズで眉間のシワにも貼れる「マルチスポットケア」、ほうれい線専用の「スマイルラインケア」、シミやソバカスに美白作用を発揮する「スポットプラス」、ニキビケア専用の「エイシーケア」から選べます。

 

アクロパスアイケアゾーンの特徴は?

アクロパスの特徴

内容量 1箱4セット入り(8枚)
通常価格 1箱 8,000円(税抜)
お得セット 3箱まとめ買い 20,400円(税抜)

※通常価格より15%オフ

ニードルの長さ 不明
ニードルの本数 不明
美容成分 ・加水分解ヒアルロン酸

・ヒトオリゴペプチド-1(EGF)

製造国 韓国

アクロパス「アイケアゾーン」の最大の特徴は、加水分解ヒアルロン酸に加えてEGFが配合されていることです。

 

まず、加水分解ヒアルロン酸とは、韓国製のマイクロニードルパッチの多くに使用されている成分で、通常のヒアルロン酸を低分子化し、肌により浸透しやすいように加工した美容成分のこと。

 

韓国製のマイクロニードルパッチの中でも比較的知名度がある「スパトリートメント iマイクロパッチ」や、「プラスキレイ マイクロパッチHA」にも配合されています。

 

さらに、アクロパスのアイケアゾーンには、加水分解ヒアルロン酸に加えてさらに「EGF」が配合されているので、上記の2商品よりも使用している美容成分がちょっと贅沢なのがポイント。

 

EGFとは、皮膚や筋肉の細胞に働きかけて、成長や代謝をコントロールする機能を持つタンパク質の一種です。

 

「細胞再生因子」とも呼ばれていて、肌のターンオーバーを促し、荒れた肌をすばやく修復、チェンジしてくれる肌のサポーター成分。

 

ヒアルロン酸と一緒にEGFも肌へ注入できるので、効果もその分期待できるはず。

 

■マイクロニードルの長さや本数は不明

正規輸入代理店のホームページで確認したところ、マイクロニードルの長さや、1シートあたりの本数は書かれていません。

 

日本製のマイクロニードルパッチは、長さや本数が明記されている場合が多いのですが、韓国製の場合はそのあたりが少し曖昧なのが残念ポイント。

 

マイクロニードルの長さはヒアルロン酸が肌に浸透する深さに関わるし、ニードルの本数は1シート内に含有されるヒアルロン酸の量にも関わってきます。

 

1セット2,000円もする高級コスメなので、長さと本数はぜひチェックしてから購入したいものですよね。

 

アクロパスアイゾーンケアの口コミ評判は?

【1回で効果あり】
まだ1回使っただけですが、朝起きると目の下のたるみがなくなって驚きました。

 

効果の持続性を確認するためにも、使い続けようと思います。

 

【一晩寝ても剥がれない】
上手く貼れているか心配でしたが、剥がれることもなく密着性も良かったと思います。

 

貼った直後は違和感を感じますが、すぐに慣れたので眠りの妨げにはなりません。

 

【コスパが悪くて厳しい】
美容クリニックでヒアルロン酸注射をするのが怖かったので、こちらを試しました。

 

気軽にヒアルロン酸を注入できるのは良いのですが、やっぱり値段が高いです。

 

週1回のペースで使用すると、毎月かなりの金額になるので、もう少し値段が安くならないと継続は困難かも。

 

サイト管理人の見解

美容雑誌でも紹介されて、ジワジワと知名度を上げつつある「アクロパス」。

 

最新美容成分であるEGFが配合されているのは、大きなプラスポイントでなので、マイクロニードルの長さや本数が明確にされれば愛用者もグッと増えそう。

 

同じくEGFが配合されているマイクロニードルパッチというと、日本製で大人気商品の「ヒアロディープパッチ」があるので、今のところはそちらに軍配があがる気がしますね^^

 

人気ランキングへ3種類のマイクロニードルパッチ