【ほうれい線用】ヒアルロン酸マイクロニードルパッチ特集

ほうれい線

 

最新の美容医療では、「ほうれい線」に対してヒアルロン酸注射をするのが一般的。

 

ヒアルロン酸注入によって、たるんだ肌を一時的にふっくら持ち上げて、ほうれい線のような深いシワも目立たなくすることができます。

 

そんなヒアルロン酸注入が自宅で気軽にできるのが、マイクロニードルによる「ヒアルロン酸パッチ」

 

角質層の奥までヒアルロン酸を届けてくれるので、ほうれい線に貼れば翌朝のふっくら感を実感できます。

 

でも実は、マイクロニードルのヒアルロン酸パッチは商品ごとに特徴がバラバラ。

 

ニードルと呼ばれるヒアルロン酸針の長さや本数、配合成分などが違うので、知らずに選ぶと効果を実感できない可能性もあります。

 

そこで今回は、「ほうれい線に使うなら、どの商品を選べば良いの?」とお悩みの方に、失敗しない選び方とおすすめ商品をご紹介します!

 

ほうれい線に使うためのヒアルロン酸パッチの3つの選び方

配置されたマイクロニードルが長い

長さどのくらい

 

ほうれい線は他のシワよりも深く、頬のたるみも関与しているのが特徴です。

 

そのため、肌のより深くまでヒアルロン酸を届けるために、できるだけニードルの長さが長い方がおすすめ。

 

マイクロニードルパッチは種類によって、35〜250マイクロメートルまで幅広くありますが、できれば200マイクロメートル以上あると理想です。

 

角質層の奥深く、真皮に近い部分までヒアルロン酸を浸透させることができます。

 

ヒアルロン酸に併せて「コラーゲン」も配合

配合成分

ほうれい線の原因の一つは、頬のたるみ。

 

たるみを改善するには、真皮層で網目状に肌を支えるコラーゲンがとても重要です。

 

肌老化により変性しやすいコラーゲンを、ヒアルロン酸と一緒に浸透させることで、化粧品では改善しにくいほうれい線にもしっかり対策できます。

 

低価格で連続使用ができる

節約する女性

ほうれい線は、目尻の小ジワやちりめんジワなどより深いために、効果を実感するには週に2〜3回の継続使用が必要になることもあります。

 

でも、最新技術でつくられるマイクロニードルパッチは、高額商品が多いので、リピート使用しにくいのが難点。

 

そんな中でも、1セット1,000円以下で購入できる高品質パッチも登場しているので、ほうれい線に使うならコスパの高い商品を選ぶのがおすすめです。

 

3つのポイントを網羅!ほうれい線に最適なヒアルロン酸パッチ第1位は?

ほうれい線のヒアロディープパッチ

 

ヒアロディープパッチは、ほうれい線に最適なヒアルロン酸パッチのポイントをすべてクリアしている唯一の商品です。

 

ニードルの長さは最高レベルの200マイクロメートルで、配合成分もヒアルロン酸と加水分解コラーゲンに加えて、シワ対策でおなじみのレチノールやコラーゲンの働きを助けるFGFなどを豊富に配合。

 

さらに、マイクロニードルパッチの中ではかなりお手頃価格の国産商品なので、コスパも超抜群!

 

高性能なのに、リピート使いしやすいことで非常に人気が高いヒアルロン酸パッチです。

 

【商品特徴】

@ニードルの長さ:200マイクロメートル

 

A配合成分:ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、レチノール

 

B価格:4セット入りで4,422円

 

C1セットあたりの価格:定期購入で約939円

 

公式サイトで確認する

 

まとめ

シワ対策に人気のヒアルロン酸のマイクロニードルパッチですが、他のシワより深くて手強いほうれい線に使うには、効果的な商品選びが重要です。

 

シワ取りクリームなどの化粧品ではなかなか改善しにくいほうれい線だから、真皮に近い角質層の奥まで高濃度のヒアルロン酸を届けるマイクロニードルパッチで、ふっくらとハリのある口もとを目指しましょう!