マイクロニードルパッチ【国産と韓国産を比較】

日本製と韓国製を比較!

 

シワの改善に効果的な「マイクロニードルパッチ」ですが、主に日本製の国産商品と、韓国製の商品の2通りがあります。

 

どの商品を買おうかと悩んだとき、そのマイクロニードルパッチがどこで作られた商品なのかが、判断材料の一つになったりしますよね?

 

特に、マイクロニードルは微細な針を肌に直接差し込む形状なので、信頼できる製品選びを心掛けたいところです。

 

そこで、マイクロニードルパッチの主な有名商品の製造国と、日本製と韓国製の特徴の違いなどを詳しく比較してご紹介します!

 

どこで作られてる?各商品の製造国一覧

日本製のマイクロニードルパッチ

※各商品名をクリックすると、それぞれの商品画像と特徴をまとめたページに移ります。

日本製商品の表

 

韓国製のマイクロニードルパッチ

韓国製商品の表

 

日本製と韓国製を比較!韓国製商品の特徴3つ!

マイクロニードルが長い

日本製商品と韓国製商品の一覧表を比較してみると解るのですが、韓国製の2商品は両方ともマイクロニードルの長さが250マイクロメートルで、日本製のものより比較的長めに作られています。

 

長いということは、より肌の奥までヒアルロン酸が届いて浸透するというイメージですよね。

 

日本製ではニードルが一番長い商品で、200マイクロメートル。

 

これでも、角質層の奥で真皮層の手前まで浸透すると言われているので、長さとしては200マイクロメートル以上であれば問題ないのかと思います。

 

私は実際に韓国製を使ったことがないので不明ですが、ニードルが長すぎると痛みの原因にもなるのでは・・・と若干不安に思ったりもします。

 

シートあたりのニードル本数が不明

韓国製のマイクロニードルパッチ商品のホームページを確認したところ、どちらもニードルの本数について詳細が書かれていないため不明でした。

 

ニードルの本数に関しては、シワに集中的にアプローチできるため本数が多い方が理想的だと思います。

 

できれば750本以上配置されていて欲しいところですが、不明なのでなんとも言えません・・・。

 

加水分解ヒアルロン酸が主成分

韓国製の商品の特徴として共通しているのが、主成分がヒアルロン酸ではなく、「加水分解ヒアルロン酸」であること。

 

加水分解ヒアルロン酸とは、ヒアルロン酸をさらに低分子化するように加工された比較的新しい美容成分です。

 

従来のヒアルロン酸と比較して、浸透力が格段にアップしていて、2倍も浸透するんだとか。

 

さすが韓国コスメというだけあって、最新の美容成分を採用しているところは見逃せないポイントです。

 

これで、コラーゲンやプラセンタ、ビタミンC誘導体などが一緒に配合されていたら理想的なのですが、成分は加水分解コラーゲン単体のみなので、ちょっと残念。

 

韓国製と日本製、価格はほぼ変わらず

韓国製コスメは、日本製よりも安いというイメージがありますが、マイクロイードルパッチに関しては、韓国製も日本製も1セットあたり約1,700円〜2,000円前後でほぼ変わりません。

 

価格帯がそんなに変わらないのであれば、国産のヒアルロン酸成分を使用していて、国内の工場で製造されている日本製の商品を買った方が私としては安心な気がします。

 

人気ランキングへ